2008年05月21日

2008・2009年度経済見通し~原材料高に苦しむ日本経済

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<実質成長率:2008年度1.1%、2009年度1.8%を予想>
  1. 2008年1-3月期の実質GDP成長率は、前期比年率3.3%の高成長となったが、設備投資は前期比▲0.9%と3四半期ぶりの減少となり、景気の牽引役だった企業部門の改善には陰りが見られる。原材料高に伴う海外への所得移転が進んでおり、このことが企業収益の悪化、設備投資の抑制につながっている。
  2. 景気は2007年終わり頃をピークに後退局面入りしている可能性が高いが、3つの過剰問題(債務、設備、雇用)が解消されていることに加え、在庫の積み上がり幅が比較的小さいことから、景気後退が深刻なものとなることは避けられるだろう。
  3. 実質GDP成長率は2008年度1.1%、2009年度は1.8%と予想する。
  4. 消費者物価上昇率(生鮮食品を除く総合)は、石油製品価格の大幅上昇や、食料品の相次ぐ値上げなどから、2008年度は1.3%まで上昇率が高まると予想する。2009年度は石油製品による押し上げ寄与は縮小するものの、価格転嫁の動きがより広範化することから、1.0%と高止まりが続くだろう。
37724_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2008・2009年度経済見通し~原材料高に苦しむ日本経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2008・2009年度経済見通し~原材料高に苦しむ日本経済のレポート Topへ