2008年05月12日

4月マネー関連~預金通貨が大きく減少、企業の資金繰り悪化の可能性

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・マネー:預金通貨が大きく減少、企業の資金繰り悪化の可能性
・貸出動向:足元運転資金需要増加で貸出伸び率高まる

■introduction

マネーサプライ統計(5/12日公表)によれば、4月預金通貨が、▲1.7%減と大幅な落ち込みを示したことなどから4月のM2+CDは前年比1.9%、広義流動性は2.8%とともに伸び率が低下した。
預金通貨の減少は、企業が資金繰り悪化等に伴い預金の取り崩しを行っている可能性が高く今後要注意だ(図表1.2)。
昨年夏場からの投資信託不振、定期預金などの準通貨増加の動きは今月も続いているが、準通貨については、7ヶ月ぶりに前月に比べて伸び率が縮まっている(図表3)。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【4月マネー関連~預金通貨が大きく減少、企業の資金繰り悪化の可能性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月マネー関連~預金通貨が大きく減少、企業の資金繰り悪化の可能性のレポート Topへ