2008年04月25日

高度成長下の中国の地域経済

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

中国の地域経済間では、地理的条件に加え、制度・政策要因も影響し、産業集積や人的資本などの成長基盤の格差が開いている。
胡錦濤-温家宝指導部による地域間の均衡発展を目指す政策は、量的側面では一定の成果を挙げているが、さらに環境とエネルギーの利用効率に配慮した相互補完的な連携関係の構築という質的成果に結びつけて行くため、財政改革とともに金融改革や戸籍制度見直しによる市場メカニズムの強化が望まれる。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【高度成長下の中国の地域経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高度成長下の中国の地域経済のレポート Topへ