2008年04月18日

1~3月期の中国経済~外需鈍化でも二桁成長、金融引締め継続へ

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・確認された内需の強さ
・早くも危ぶまれるCPIの年間目標の達成
・今年3度目の預金準備率引き上げ、対ドル人民元高と株価の軟調地合いは続く

■introduction

16日までに出揃った今年1~3月期の経済統計によって、中国経済は、外需鈍化にも関わらず二桁成長を確保したが、目下の最優先課題である物価の安定には課題を残していることが明らかになった(図表①)。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【1~3月期の中国経済~外需鈍化でも二桁成長、金融引締め継続へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1~3月期の中国経済~外需鈍化でも二桁成長、金融引締め継続へのレポート Topへ