2008年04月18日

イギリスの住宅価格の調整と景気下振れリスク

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • イングランド銀行(BOE)は、4月の金融政策委員会(MPC)で昨年12月、今年2月に続く3度目の利下げを決めた。MPCが利下げの理由とした金融混乱の影響、景気減速の兆候は、融資スタンスや住宅価格、住宅投資、雇用、家計の購買意欲等に表れつつある。
  • イギリスは、住宅投資からの調整圧力は小さいものの、割高感の指摘される住宅価格下落の逆資産効果による個人消費への影響は雇用と並んで大きくなりやすい。
  • 反面、(1)住宅実需の増大と供給面の制約、(2)住宅価格を重視した金融政策運営を行ってきたため金融緩和の度合い・期間が限定されてたこと、(3)住宅ローン市場の自由度、新種のローン等の普及度合いが米国や北欧よりも限定されていたことは、大きな値崩れのリスクは小さいことを示唆する。
  • 利下げ効果が浸透すれば住宅価格の調整スピードは鈍化すると見られるが、足もとでは金融市場の混乱、金融機関の行動が、金融政策の波及を妨げている。一歩踏み込んだ金融正常化への取り組みが必要であり、現在検討中の対策の内容が注目されよう。
37689_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【イギリスの住宅価格の調整と景気下振れリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

イギリスの住宅価格の調整と景気下振れリスクのレポート Topへ