2008年04月01日

リサンプリング法による資産配分

  大山 篤之

文字サイズ

平均分散法による最適資産配分は、時として実務的に使いにくく、説明しにくい結果を示すことがある。そこで、これらの問題を緩和するために近年提案された、リサンプリング法による最適資産配分算出について考察する。

このレポートの関連カテゴリ

大山 篤之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【リサンプリング法による資産配分】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

リサンプリング法による資産配分のレポート Topへ