2008年03月31日

須田審議委員講演(3/27)~実際に兆候が出てきたら、かなり思い切った措置をとっていく

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・講演:利上げを意識するのが自然、ただダウンサイドリスクが予想以上に顕在化
・会見:実際に兆候が出てきたら、かなり思い切った措置をとっていく

■introduction

須田審議委員の講演・記者会見が3/27日に行われた(宮崎県金融経済懇談会)。
須田審議委員は、日本経済について「07年度の成長率に関しては潜在成長率以下にまで落ち込まない公算が高まっているが、08年度については、米国経済の成長が予想以上に鈍化していることから日本の輸出への影響が否めないことに加え、生産が横ばいとなる中で改正建築基準法の影響や個人消費の増勢鈍化などもうかがえ、潜在成長率並みのレベルまで下振れる可能性が高まった」との見方を示した。
金融政策運営については「実体経済や物価情勢が堅調のもとで、フォワードルッキングということで、先行きを想定してアグレッシブに緩和政策をとることをやってしまうと、実体経済が悪くなったときにより一層緩和が織り込まれてしまう可能性がある」と指摘し、「ある程度、実際に兆候が出てきたら、そのときにはかなり思い切った措置をとっていくということを市場と共有しておくことが大事だ」と述べた。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【須田審議委員講演(3/27)~実際に兆候が出てきたら、かなり思い切った措置をとっていく】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

須田審議委員講演(3/27)~実際に兆候が出てきたら、かなり思い切った措置をとっていくのレポート Topへ