2008年03月19日

日銀短観(3月調査)予測~大企業・製造業5ポイントの悪化

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

  1. 4月1日発表の日銀短観(3月調査)・業況判断DIは、足元・先行きとも大幅悪化となるだろう。大企業製造業が14と前回調査から▲5ポイントの悪化、大企業非製造業は10と前回調査から▲6ポイントの悪化と予想する。
  2. 今回調査は前回12月調査に比べてサブプライム問題の影響拡大、原油などの資源高、円高・株安、消費者心理悪化など、どの状況をとっても事態は一層悪化しており、景況感の大幅悪化は避けられないだろう。
  3. 2007年度の設備投資計画(全規模・全産業)は12月調査より1.2%下方修正(前年度比5.6%)されるだろう。今回初めて公表となる08年度計画は、全規模全産業で前年比▲2.5%と昨年3月調査の07年度設備投資計画(当初)を下回る水準を予想する。
  4. 日本経済は景気後退となるのかどうかの正念場を迎えている。今回の短観は「景気後退」が読みとれるかどうかが最大のポイントだ。新副総裁にとって「初めての短観」であるだけでなく、いきなり「利下げ模索の決定打」ともなりかねない重要な経済指標だ。
37644_ext_15_1.jpg
46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【日銀短観(3月調査)予測~大企業・製造業5ポイントの悪化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀短観(3月調査)予測~大企業・製造業5ポイントの悪化のレポート Topへ