2008年03月13日

野田審議委員講演(3/12)~幾つか注意信号は点滅し始めている

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・講演:循環メカニズムに幾つかの注意信号が点滅
・会見:赤信号に変わるリスクは否定しきれないが、瀬戸際にあるとの認識ではない

■introduction

野田審議委員の講演・記者会見が3/12日に行われた(群馬県金融経済懇談会)。
野田審議委員は、日本経済について「先行きこの循環が決定的に途切れてしまう蓋然性を示唆するような明確な証拠が揃っている訳ではない」としながらも「輸出を牽引車とした生産・所得・支出の循環メカニズムについて、幾つかの注意信号は点滅し始めている」との見方を示した。
世界的な金融市場の動揺に対して、11日、米欧5中銀が協調して資金供給対策を発表したことについて、「日銀としては国内市場が安定していることから、特に対応する考えはない」としながらも、「世界の金融市場には従来以上の注意が必要」だと指摘、「日銀内でも機動的・柔軟なオペ対応の重要性について認識を共有している」と述べた。
当然ではあるが、日銀総裁・副総裁人事の混迷について、コメントは聞かれなかった。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【野田審議委員講演(3/12)~幾つか注意信号は点滅し始めている】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

野田審議委員講演(3/12)~幾つか注意信号は点滅し始めているのレポート Topへ