2008年03月07日

3月ECB政策理事会~景気と物価の両睨みは続く

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策転換の決め手にかけ政策金利は9カ月連続で据え置き
・トリシェ総裁のコメントは先月とほぼ同じ内容
・ECBスタッフ見通しは成長率を下方、物価を上方に修正
・利下げの条件は物価上昇圧力の緩和

■introduction

欧州中央銀行(以下、ECB)は6日開催の3月の政策理事会で4%での政策金利の据え置きを決めた。
先月の声明文では、物価の安定を最重視する基本スタンスを維持しながら、インフレ警戒のトーンを緩和、景気見通しの下方修正を示唆する幾つかの修正を加えて、スタンスを中立化、状況の変化に機動的に対応できるよう体制を整えていた。
結果として、この間の新たな経済指標が、「景気は減速方向にはあるものの、成長は続いており、価格転嫁や賃金設定を通じたインフレ圧力もなお根強い」という判断を変える内容でなかったことが、政策金利の据え置きと中立スタンス維持の理由と考えられよう。
直近の主要な経済指標は、ユーロ圏の製造業PMIは低下したが(1月52.8→2月:52.3)サービス業PMIは反転(同:50.6→同:52.3)、サービス業と製造業を合わせた合成PMIも同51.8→同52.8と拡大と縮小の分かれ目となる50を上回る水準で持ちこたえた。その他、ドイツのIfo企業サーベイは現状指数が小売業主導で反発、物価急騰のあおりを受けていた小売売上高も4カ月振りに反転、前月比0.4%増となった。1月の失業率も7.1%と93年の統計開始以来の最低水準での横這いが続き(図表1)、雇用・所得の伸びに支えられた消費拡大への期待をつなぐ内容であった。
他方、消費者物価上昇率は2月速報値も前年比3.2%で高水準の横這い、生産者物価指数は前年比4.9%で前月を上回った(図表2)。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【3月ECB政策理事会~景気と物価の両睨みは続く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

3月ECB政策理事会~景気と物価の両睨みは続くのレポート Topへ