2008年02月08日

1月マネー関連~中小企業向けに貸出慎重な動きも

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・貸出動向:足元までは緩やかに増加、先行き中小向けに不安
・マネーサプライ:リスク資産から安全資産へ

■introduction

日本銀行が2月8日に公表した貸出・資金吸収動向等によると、1月の総貸出(平残、銀行・信金計)は前年比0.4%と24カ月連続のプラスとなった(図表1)。
業態別では、地銀は同2.4%と比較的高い伸びが続いているが、都銀等は同▲1.2%と10カ月連続で前年比マイナスが続いている。(図表2)。
貸出先別貸出金(1/31日公表、12月分)を見ると、地方公共団体、個人向けは堅調を維持しているが、法人向は12月▲0.1%と4カ月連続でマイナスとなっている(図表3) 。
特に中小企業向けは減少傾向が明確となりつつある。
四半期1回の主要銀行貸出アンケート調査(直近11/23日公表)では、企業の資金需要は昨年の夏場以降頭打ちの状況にあるが大きく急減する状況ではない。しかし銀行サイドでは、格付別利ざや設定、貸出運営スタンスで厳しい動きが出始めている(図表4)。
足元、零細・中小企業での倒産が増加しており、クレジットクランチが懸念される状況になってきている。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【1月マネー関連~中小企業向けに貸出慎重な動きも】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1月マネー関連~中小企業向けに貸出慎重な動きものレポート Topへ