2008年02月08日

岩田副総裁講演(2/7)~メンバーが替わればそれなりに決定内容も変化がある

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・講演:最大の不確実性は国際金融市場の動揺がまだ沈静化していないこと
・会見:メンバーが替わればそれなりに決定内容も変化がある

■introduction

岩田副総裁が2/7日に公演・会見を行った(高知県金融経済懇談会)。
日本経済の先行きについて「米景気後退リスクが高まり、世界経済の成長率が減速する中で、日本の輸出が急速に減速したり、原油価格がさらに大幅に上昇する場合は、潜在成長率への復帰が遅れる可能性がある」と懸念を表明した。しかし一方で、「同時に考えなければならないのは、現在の成長率の減速は一時的な要因によるところが大きいという判断を基本的にしていることだ」とも語った。
米国経済については、「今出ている数字はあまり良くない」と指摘したが、先行きについては「5、6月には財政政策が景気下支えとして働く。金融政策も昨夏から金利を下げており、年半ばにはプラスの方向に効いてくる」と財政金融政策により大きな後退にはならないとの認識を示した。
正副総裁人事については「政策委員の3分の1が代わるということがあれば、それなりの変化がありうる」とし「これから決まる結果次第だ」と述べた。
9日に東京で開くG7財務相・中央銀行総裁会議については「それぞれの国が状況に応じて最も適切な対応を取るということが正しい処方箋ではないか」との認識を示した。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【岩田副総裁講演(2/7)~メンバーが替わればそれなりに決定内容も変化がある】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

岩田副総裁講演(2/7)~メンバーが替わればそれなりに決定内容も変化があるのレポート Topへ