2008年01月18日

米国経済動向~注目集める景気刺激策

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の動き>

  1. 月末発表の10-12月期実質GDPは前期比年率1%程度(1/10市場予想は1.3%)と7-9月期4.9%から急低下すると見られる。サブプライム問題の拡大で住宅投資の悪化が続く中、原油価格の高騰等で消費への影響が懸念されている。
  2. 1月に入って発表された経済指標では、雇用統計や小売売上高の悪化が顕著であり、さらにサブプライム関連の損失拡大で株価が急落を見せるなど、個人消費への更なる抑制要因が増加している。クリスマスセールも尻すぼみに終わり、景気後退のリスクは一段と高まっている。
  3. こうした中で、大幅利下げ期待が高まっている。バーナンキ議長の発言に加え、ベージュブックでも景気判断を下方修正しているため、その確度は高い。さらに、ブッシュ政権の景気刺激策も注目されている。株価の急落等から財政・金融政策とも前倒しで発表される可能性も強まっており、当面、経済金融政策の動向からも目が離せない状況が続きそうである。
37529_ext_15_1.jpg

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済動向~注目集める景気刺激策】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済動向~注目集める景気刺激策のレポート Topへ