2008年01月11日

12月マネー関連~投信でもサブプライムの影響色濃く

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・マネーサプライ:投信でもサブプライムの影響色濃く
・貸出動向:頭打ちの状況が続く

■introduction

マネーサプライ統計(1/11日公表)によれば、12月のM2+CDは前年比2.1%と3ヶ月連続で伸び率が高まっている。(図表1)。
M1は10月0.1%、11月0.2%。12月0.3%と緩やかな増加が続いている。
広義流動性は、金商法、サブプライム問題の影響などから投資信託の伸び率(10月30.7%、11月29.3%、12月27.6%)が落ちてきていることなどが響き、10月3.9%、11月3.7%、12月3.6%と伸び率低下が継続している(図表2)。
12月分マネタリーベース(1/7日公表)は、前年比0.4%と11月分1.0%から伸び率が低下した(図表3)。
日銀券発行残高1.7%、貨幣流通高1.0%は安定した動きが続いている。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【12月マネー関連~投信でもサブプライムの影響色濃く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

12月マネー関連~投信でもサブプライムの影響色濃くのレポート Topへ