2008年01月01日

日本の年金基金からみた130/30ファンド

  臼杵 政治

年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

昨今、欧米ではいわゆる130/30ファンドが急速に普及している。(1)ショートを活用してアルファが得られる、(2)ヘッジファンドより透明である、ことによる。ただ、マーケットニュートラルとインデックスファンドを組み合わせることで同じ効果が得られるため、日本の年金基金で採用されるには、手数料などの面でこの組み合わせを凌駕することが必要となろう。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【日本の年金基金からみた130/30ファンド】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本の年金基金からみた130/30ファンドのレポート Topへ