2007年12月26日

高齢者雇用と仕事のあり方

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

企業の高年齢者雇用確保措置の導入は順調に進展している。この高齢者雇用の第1段階に続き、第2段階への入り口としてワークライフバランスやエイジフリーへの取組みも、多くの難しいハードルがあるものの、徐々に機運が高まってきている。
これらを背景に高齢者の多様な働き方にも時間的な工夫から企業と社会の接点やNPO法人など内容や職域の多様化を工夫する時期が近づいている。
多様な領域や場所で高齢者が活き活きと働く姿が実現されることは、活力ある超高齢社会構築の重要な要件の一つである。

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【高齢者雇用と仕事のあり方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者雇用と仕事のあり方のレポート Topへ