2007年12月14日

欧州経済見通し~ 増大する景気下振れリスクとインフレ圧力 ~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏: 2007年2.7%、2008年2.0% >
  • ユーロ圏経済は、7~9月期は内需主導で前期比0.7%に加速、10~12月期も減速はしているが、底固さを保っている。2008年は、米国経済減速の影響と過去の利上げや金融市場の動揺、ユーロ高の引き締め効果から、企業部門を中心に成長が鈍化、成長率は2007年の2.7%から2.0%まで低下しよう。
  • ECBは、金融正常化の遅れによる景気下振れ圧力と原油・食品価格上昇による二次的影響の双方を警戒しており、当面、政策金利の据え置きを継続しよう。
< イギリス: 2007年3.1%、2008年2.1% >
  • イギリス経済は、過去の利上げの効果と金融市場調整の影響から内需が減速し始めており、成長率は2007年の3.1%から2008年は2.1%に低下する見込み。
  • BOEの利下げは1~3月期中の25bp一回と見ているが、銀行の融資スタンスや住宅市場、雇用などで、金融混乱の波及を裏付ける材料が増えれば、より大幅な利下げに動くこともありえよう。
37386_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~ 増大する景気下振れリスクとインフレ圧力 ~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~ 増大する景気下振れリスクとインフレ圧力 ~のレポート Topへ