2007年12月03日

住宅金融支援機構RMBSにおける買取型債権増加の影響

金融研究部 チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   千田 英明

文字サイズ

わが国における住宅ローン証券化商品の代表的な銘柄である住宅金融支援機構RMBSにおいて、買取型債権(民間銀行から買い取った住宅ローンを証券化したもの)の占率が急激に上昇している。買取型債権は、通常の住宅ローンと特徴が異なるため、それがプリペイメント率(期限前返済率)に与える影響を分析した。

このレポートの関連カテゴリ

70_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

千田 英明 (ちだ ひであき)

研究・専門分野
運用手法開発(国内債券)、証券化商品

レポート

アクセスランキング

【住宅金融支援機構RMBSにおける買取型債権増加の影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

住宅金融支援機構RMBSにおける買取型債権増加の影響のレポート Topへ