2007年12月03日

税方式以前に考えるべき基礎年金の基本的な問題

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

年金制度 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

経済財政諮問会議での民間議員の提案を契機に、基礎年金財源の税方式化の議論が再燃している。しかし、財源問題以前に、現行の基礎年金は給付のあり方や理念などの基本的な問題を抱えている。税方式化に向けた具体的な議論を行う前に、基本的な議論を行う必要があろう。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【税方式以前に考えるべき基礎年金の基本的な問題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

税方式以前に考えるべき基礎年金の基本的な問題のレポート Topへ