2007年11月26日

米国生保の保険約款簡明化への対応

  小松原 章

文字サイズ

米国生保は1970年代における消費者運動等を背景とした「平易な英語使用」の一般的な流れの中で、70年代後半から保険約款簡明化への対応に乗り出した。
具体的には各州が、保険法に読み易さのテスト(フレッシュテスト)を導入し、このテストにより所定の点数を確保することを商品認可の一要件とした。
現在ニューヨーク州を初め大方の州で採用されており、一定の定着を見ている。

このレポートの関連カテゴリ

小松原 章

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国生保の保険約款簡明化への対応】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国生保の保険約款簡明化への対応のレポート Topへ