2007年11月01日

年金保護法と財務会計基準158号後の米国企業年金の動向(2)

  臼杵 政治

年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

前号で述べた企業年金保護法と並んで、米国企業年金の運営に影響を与えているのが新たな財務会計基準である。両者はともに、年金資産・債務の時価(公正価値)の増減を、従来以上に反映するという特徴を持っている。2つの改革によって、確定給付年金はどう変わるのだろうか。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【年金保護法と財務会計基準158号後の米国企業年金の動向(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金保護法と財務会計基準158号後の米国企業年金の動向(2)のレポート Topへ