2007年10月26日

サブプライム問題で揺れる欧州の金融市場

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

米国のサブプライム問題が、欧州を経由して世界に広がった背景には、ユーロ市場の存在感の高まりと、欧州の金融機関が、収益力の向上のために、市場調達比率の引き上げや証券化、LBOローンなどに積極的に取り組むようになっていたことがある。
サブプライム問題は、金融管理・監督体制の再考と、深化・拡大の流れが続く統合市場での金融再編を促すことになろう。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【サブプライム問題で揺れる欧州の金融市場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

サブプライム問題で揺れる欧州の金融市場のレポート Topへ