2007年10月26日

地域経済動向 ~米国向け輸出と地域別生産の関係

  篠原 哲

文字サイズ

  1. 日銀の「10月地域経済報告(さくらレポート)」は、各地域の回復基調は続いているが、地域間の景気回復力には、依然として格差があるとしている。地域ごとの景気判断については、全9地域のうち6地域については、前回(7月時点)の判断が据え置かれたが、北海道、近畿、九州・沖縄については、判断がやや下方修正されている。
  2. 短観の9月調査では、四国の業況判断DIは前回調査よりも改善し、東北は横ばいとなったものの、残りの地域は前回よりも悪化した。今回調査では、地方圏のみならず、関東、東海、近畿などのいわゆる大都市圏についても、DIは前回から大きく低下しており、全国的に景況感が悪化する傾向が伺える。
  3. 9月短観では、先行きについても、東海と近畿では、DIの低下が見込まれていることに加え、これらの地域の生産活動は、他地域よりも米国向け輸出との相関が強いという特徴がある。今後、米国経済が失速するようであれば、米国向け輸出の悪化を通じた、東海、近畿の生産活動の鈍化等により、大都市圏の景況感の低迷も長期化する可能性がある。
37311_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

篠原 哲

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【地域経済動向 ~米国向け輸出と地域別生産の関係】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

地域経済動向 ~米国向け輸出と地域別生産の関係のレポート Topへ