2007年10月02日

年金保護法と財務会計基準158号後の米国企業年金の動向(1)

  臼杵 政治

文字サイズ

確定給付年金制度の財政健全化と年金給付支払保証公社(PBGC)の財政健全化を目的として、2006年夏、米国では企業年金保護法が制定され、確定給付年金の積立基準が強化された。この法律が施行されることで、従来からの制度の凍結や終了の動きは、加速するのだろうか。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【年金保護法と財務会計基準158号後の米国企業年金の動向(1)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金保護法と財務会計基準158号後の米国企業年金の動向(1)のレポート Topへ