2007年09月26日

長寿科学研究からみる予防行動と健康指導の新たな視点

生活研究部 主任研究員   前田 展弘

高齢者のQOL(生活の質) 高齢者の雇用・就労 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

2008年4月より生活習慣病・メタボリックシンドローム対策としての「特定健康診査・特定保健指導」がスタートする。
より豊かな超高齢社会の実現に向けては、単なる医療費適正化の筋からだけでない、「健康・長寿」の本質を捉えた予防行動・健康指導が必要である。
本稿は長寿科学研究レビューを通じて、生活構造全体を捉えたQOL的アプローチの必要性等を論じる。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
41_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

レポート

アクセスランキング

【長寿科学研究からみる予防行動と健康指導の新たな視点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

長寿科学研究からみる予防行動と健康指導の新たな視点のレポート Topへ