2007年09月14日

米国経済見通し~サブプライム問題波及が景気減速感を強める

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済見通し>

  1. 4-6月期の実質GDPは、設備投資と純輸出の改善等で前期比年率4.0%と前期の0.6%から急回復したが、半面、個人消費が同1.4%と急低下、住宅投資の大幅マイナスが持続するなど、米景気の減速方向を変えるものではなかった。
  2. さらに8月には、サブプライム問題の拡大により、金融市場が世界的に混乱し、信用市場が収縮している。住宅投資の調整拡大に加え、原油・ガソリン価格の高騰が続いており、当面の米経済は減速歩調を強めると見られる。
  3. FRBは公定歩合を0.5%引下げるなど緊急策をとったが、9月FOMCではFF目標金利の利下げを決定すると思われ、年内は利下げ局面が持続することとなろう。
  4. 2007年の実質成長率は1.9%、2008年は2.1%と予測される。 
37247_ext_15_1.jpg

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済見通し~サブプライム問題波及が景気減速感を強める】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済見通し~サブプライム問題波及が景気減速感を強めるのレポート Topへ