2007年09月14日

欧州経済見通し~ 利上げ再開の条件は不透明感の払拭 ~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏: 2007年2.6%、2008年2.3% >
  • 4~6月期の成長率は前期比0.3%と低めに留まったが、一時的要因の影響が大きく、輸出、設備投資は堅調、個人消費も持ち直すなど成長の裾野拡大を示した。サーベイ調査も景気はピーク・アウトしたものの、なお底固いことを裏付けている。
  • ECBは当初予定していた9月利上げを見送り、追加的資金供給を行った。サブプライム問題に関わる不透明感が後退、市場が正常化すれば、年内にも追加利上げの可能性があるが、市場の不安定な推移が続けば、政策金利の据え置き期間が長引こう。
< イギリス: 2007年2.9%、2008年2.4% >
  • 4~6月期の成長率は前期比0.8%で7期に亘り長期平均を上回ってきたが、年後半は内外需ともに減速、成長率は2007年通年は2.9%、2008年は2.4%となろう。
  • BOEの政策金利は、2006年8月以来5度の利上げで5.75%とすでに引締めの領域に入っている。過去の利上げが住宅市場に及ぼす影響と、世界的なリスク再評価の動きを見極めるため、政策金利は据え置きが続くと予想する。
37246_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~ 利上げ再開の条件は不透明感の払拭 ~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~ 利上げ再開の条件は不透明感の払拭 ~のレポート Topへ