2007年09月07日

金融政策・市場の動き(9月)~ECBも見送り、日銀も様子見

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

  1. (金融政策)市場の関心はサブプライム問題の実体経済への影響に移ってきている。現段階では実体経済への悪影響は限定的との見方。ただし下振れリスクも高まってきているのも事実で、特に米雇用情勢は今後要注意だ。FRBの9月利下げは濃厚、今回利下げは予防的なものとの説明がなされるだろう。今後、景気悪化への対応とのニュアンスが発言等から読み取れることになれば、連続的に利下げする可能性も高い。日銀の利上げは10月以降となった。10月以降の利上げ決断は、ECBの動向に大きく左右されるだろう。
  2. (長期金利)米長期金利の動きを受けて、低位での推移となるだろう。緩やかに上昇に動き出すのは、FRBの追加利下げ観測が遠のく年末にかけてで、その頃は、国内景気の再加速、賃金の上昇などが見え始め、日銀の連続利上げへの思惑が徐々に高まり、上昇ピッチも少し早まるだろう。
  3. (為替)当面、ボラティリティーが引き続き高い展開を予想する。ただし、サブプライム問題に対する情報が増え始め、市場の疑心暗鬼も徐々に減じる年末頃には、一旦ドルが買い戻される動きとなるだろう。
37237_ext_15_1.jpg
46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【金融政策・市場の動き(9月)~ECBも見送り、日銀も様子見】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融政策・市場の動き(9月)~ECBも見送り、日銀も様子見のレポート Topへ