2007年08月31日

水野審議委員講演(8/30)~サブプライム問題は私の判断を縛らない

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・講演:サブプライムの影響は限定的
・会見:サブプライム問題は私の判断を縛らない

■introduction

水野審議委員の講演・記者会見が8/30日に行われた(山梨県金融経済懇談会)。
水野審議委員は7、8月の金融政策決定会合でただ一人、利上げを提案するなど金利正常化を目指す“タカ派”である。
講演では、サブプライム問題について「日本経済がサブプライム問題とは関係なく、順調に回復していくことに自信を持っている」「日銀の金融政策、ましてや私の判断を縛るものではない」と述べた。また、「サブプライム問題やそれに端を発した円相場の乱高下の原因として、日本の低金利政策が無縁とはいえない」と語り、金利の正常化の必要性を強く主張するなど、タカ派的見解を前面に出してきている。
よほどの環境変化がない限り、水野審議委員は9月の決定会合で利上げ提案を続ける可能性が高いだろう。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【水野審議委員講演(8/30)~サブプライム問題は私の判断を縛らない】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

水野審議委員講演(8/30)~サブプライム問題は私の判断を縛らないのレポート Topへ