2007年08月24日

高齢者専用賃貸住宅の現状と課題

  小野 信夫

文字サイズ

2005年12月に登録が開始された高齢者専用賃貸住宅(以下、高専賃)は、この一年半で急速に供給を伸ばしている。
高専賃は、高齢者の住まいの切り札などと形容されているが、首都圏の高専賃の登録物件を集計分析すると、高専賃と一言で言っても実態は非常に多様であることがわかる。
団塊の世代が高齢者となる時期を目前に控えて、高齢者が将来に不安をもたず安心して生活できるよう、高専賃という商品の明確化、住みかえを促進するような周辺環境の整備、登録制度の情報の充実などが必要である。

このレポートの関連カテゴリ

小野 信夫

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【高齢者専用賃貸住宅の現状と課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者専用賃貸住宅の現状と課題のレポート Topへ