2007年07月25日

最近の米国における資本流出入の動向

  土肥原 晋

文字サイズ

2006年の米国の経常赤字は、過去最高を更新した。米国の経常赤字は、グローバルな不均衡の起点ともされるが、半面、こうした赤字は、米国への巨額な資本流入でカバーされる。
ただし、米国への資本還流が続けば、米国純債務も累積されていくわけで、いつまでもこうした状況を維持できるという保証があるわけではない。
本稿では、そうした観点から、米国への資本流入の現状と動向についての検証を行った。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【最近の米国における資本流出入の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の米国における資本流出入の動向のレポート Topへ