2007年07月02日

企業による余剰資金の保有(1)

  新田 敬祐

文字サイズ

日本企業の多くが、事業活動と直接関係がないと思われる現預金や株式などを、米国企業と比べて抱え込んでいる。そこで、こうした余剰資金保有が、企業価値にどのような影響を与えるのかを検討するために必要な理論的フレームワークを、3回連載で紹介したい。

このレポートの関連カテゴリ

新田 敬祐

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【企業による余剰資金の保有(1)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業による余剰資金の保有(1)のレポート Topへ