2007年07月02日

グロース・インデックスの構成銘柄は成長株ばかりだろうか

  遅澤 秀一

年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

株式のスタイル・インデックスで、「グロースがバリューよりも長期的リターンが低い」理由の一つとして、グロース・インデックスには「成長株」だけでなく「割高株」も多く含まれていることが考えられる。そこで、グロース銘柄を研究開発費に着目して分類し、パフォーマンスを計測してみたところ、R&Dに積極的でない企業のリターンが特に低いことがわかった。どうも、単なる割高株がパフォーマンスの足を引っ張っているようである。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【グロース・インデックスの構成銘柄は成長株ばかりだろうか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

グロース・インデックスの構成銘柄は成長株ばかりだろうかのレポート Topへ