2007年07月01日

不動産投資市場の現状と展望 -高まる市場リスクと投資プレーヤーの課題-

  岡 正規

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■見出し

1.はじめに
2.不動産投資市場の現状
3.不動産投資市場の展望
4.さらなる市場の発展に向けた課題
5.終わりに

■introduction

日本の不動産投資市場には、国内外の投資資金が流入しており、J-REITや私募ファンド市場が拡大している。J-REITや私募ファンドの台頭は、本格的な不動産運用時代の到来を示唆しており、今後、さらに不動産投資市場と金融資本市場との連関が強まることは必至である。その結果、投資プレーヤーは、高まる不動産価格の変動リスクとわが国特有の利益相反リスクへの対応に迫られている。マーケットの発展のためには、投資家の不動産や運用者に対する高度な評価分析能力が求められる。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

岡 正規

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【不動産投資市場の現状と展望 -高まる市場リスクと投資プレーヤーの課題-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産投資市場の現状と展望 -高まる市場リスクと投資プレーヤーの課題-のレポート Topへ