2007年06月15日

欧州経済見通し-自律性が高まるユーロ圏経済-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏: 2007年2.7%、2008年2.2% >
  • ユーロ圏経済は、潜在成長率を上回るペースで拡大を続けている。成長を牽引してきた設備投資はペースこそ鈍るものの底固く、個人消費は雇用・所得環境の改善に支えられた安定的拡大が見込まれる。成長率は2007年2.7%、2008年2.2%となろう。
  • ECBは、内生的インフレを防止するため、9月に追加利上げを行なう見通しである。
< イギリス: 2007年2.8%、2008年2.6% >
  • イギリスではトレンド並みの成長が続いている。個人消費には、高水準の債務の制約は残るが、雇用改善により拡大、設備投資も、サービス部門の意欲はやや減退しているが、製造業の拡大が見込まれ、成長率は2007年2.8%、2008年2.6%と堅調を維持しよう。
  • BOEは5月に2006年8月の利上げ再開以来4度目の利上げを実施した。政策金利の水準は、すでに引締めの領域に入っているが、金融政策委員会(MPC)は企業のマージン引き上げの動きへの警戒を強めており、8月には追加利上げを実施しよう。
37113_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し-自律性が高まるユーロ圏経済-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し-自律性が高まるユーロ圏経済-のレポート Topへ