2007年06月15日

07年1Q資金循環統計~法人の資金超過がいっそう縮小

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・部門別資金過不足(06年度):法人の資金超過がいっそう縮小
・個人金融資産残高(06年度末):残高過去最高

■introduction

日本銀行が6月15日に公表した資金循環統計によると、民間非金融法人の資金余剰幅がいっそう縮小してきている(図表1)。
民間非金融法人企業は、98年度より連続して資金余剰主体となった。2000年度には家計部門の資金余剰幅を上回るようになり、03年度には名目GDP比7.8%まで余剰を拡大した。潤沢なキャッシュフローを背景に余剰は継続しているが、景気拡大に伴う設備投資の広がりを受けて、03年度以降、その幅は縮小してきた(05年度2.4%、06年度0.8%)。
一方、家計部門の余剰幅縮小の動きは03年度(0.8%)を底に変化してきている。06年度は3.9%と05年度1.5%から2.4ポイント上昇し、2000年度程度のレベルに戻っている

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【07年1Q資金循環統計~法人の資金超過がいっそう縮小】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

07年1Q資金循環統計~法人の資金超過がいっそう縮小のレポート Topへ