2007年06月12日

2007・2008年度経済見通し~1-3月期2次QE後改定

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<2007年度2.0%、2008年度は2.1%成長>
  1. 1-3月期のGDP2次速報は、設備投資、外需の上方修正などから、実質GDP成長率が前期比0.8%(年率3.3%)となり、1次速報の前期比0.6%(年率2.4%)から上方修正された。また、2006年度の実質GDP成長率も1.9%から2.1%へと上方修正された。
  2. 実質GDP成長率は2007年度が2.0%、2008年度が2.1%と予想する。2007年度を前回見通し(5月時点)の1.8%から0.2%上方修正したが、1-3月期の成長率が上方修正されたことにより、2007年度の発射台が高くなったことが、その主因である。
  3. GDPデフレーターは2007年度にはプラスとなり、「名実逆転」は10年ぶりに解消されよう。名目GDP成長率は2007年度が2.1%、2008年度が2.4%と予想する。
  4. 日銀審議委員からは追加利上げに対して前向きな発言が相次いでおり、その際、利上げは物価動向だけでなく、資産価格も含めた総合判断で行うとの見方が示されている。追加利上げは2007年7-9月期に実施されると予想する。
37110_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2007・2008年度経済見通し~1-3月期2次QE後改定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2007・2008年度経済見通し~1-3月期2次QE後改定のレポート Topへ