2007年06月08日

5月マネー関連~貸出鈍化が継続

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・貸出動向:1月以降、前年比伸び率は低迷
・マネーサプライ、マネタリーベース

■introduction

日本銀行が6月8日に公表した貸出・資金吸収動向等によると、5月の総貸出(平残、銀行・信金計)は前年比0.9%と17カ月連続のプラスとなった。ただし、伸び率は1月以降一服という状況が続いている(図表1)。
業態別には、全業態で伸び悩んでいるものの、地銀(同2.2%)が比較的堅調を維持しているが、都市銀行等は2カ月連続で前年比マイナスとなった(図表2)。
貸出先別貸出金(6/1日公表、4月分)を見ると、法人は年明け以降伸び率鈍化の動きとなっている(図表3)。景況感改善が足踏みする中で、原材料高騰が一服し、運転資金需要が鈍化しているようだ(図表4)。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【5月マネー関連~貸出鈍化が継続】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

5月マネー関連~貸出鈍化が継続のレポート Topへ