2007年05月29日

4月住宅関連指標は強弱混在~中古住宅販売が予想外の悪化

  土肥原 晋

文字サイズ

■見出し

・4月新築住宅販売が急増、価格面では大幅下落
・4月中古住宅販売は4年ぶりの低水準、在庫積上りも懸念
・新規住宅着工件数は回復の半面、許可件数が急減
・足元の金利上昇も懸念材料に

■introduction

4月の一連の住宅関連指標が発表された。住宅市場では大幅な調整が続いており、最近の指標発表時には、そうした調整にいつ底打ち感が出てくるかが注目されている。

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【4月住宅関連指標は強弱混在~中古住宅販売が予想外の悪化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月住宅関連指標は強弱混在~中古住宅販売が予想外の悪化のレポート Topへ