2007年05月25日

米国経済動向~消費環境の悪化で低空飛行持続へ

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の動き>

  1. 米国経済では1-3月期GDPが前期比年率1.3%となり、一層の減速が確認された。住宅投資の大幅減が続き、純輸出のマイナスが拡大したことが主因である。さらに月末発表の改定値でも下方修正が濃厚となっている。
  2. 1-3月期の個人消費は堅調を保ち、景気を下支えする形となった。しかし、消費を巡る状況を見ると、住宅投資の冷え込みが続く中、ガソリン価格が高騰し、雇用増が鈍化を見せるなど環境悪化が目立ち、今後は、前期ほどの伸びは期待できない。
  3. 金融政策では、5月FOMCで7回連続の金利据え置きが決定された。FRBは景気減速とインフレ圧力を注視しながら、インフレリスクを最も警戒している。物価指標は緩やかに低下しているものの、なお、FRBの安心できる水準を上回っており、当面、現行の金融政策が維持されると思われる。
37082_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済動向~消費環境の悪化で低空飛行持続へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済動向~消費環境の悪化で低空飛行持続へのレポート Topへ