2007年05月21日

2007・2008年度経済見通し~消費主導の成長を模索する日本経済

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<2007年度1.8%、2008年度は2.1%成長>
  1. 1-3月期の日本経済は、消費、外需の増加を主因に実質GDP成長率は前期比年率2.4%と堅調を維持したが、景気動向に最も敏感な指標である鉱工業生産が6四半期ぶりの減少となる等、まだら模様となった。
  2. 2007年度前半は、輸出の停滞や個人消費の伸び悩みから、景気減速の可能性が高いが、米国経済の持ち直し、賃金上昇に伴う消費の拡大が見込まれる2007年度後半以降、成長率は再び高まるだろう。実質経済成長率は2007年度が1.8%、2008年度が2.1%と予想する。GDPデフレーターは2007年度にはプラスとなり、「名実逆転」は10年ぶりに解消されよう。
  3. 2002年初から続く景気拡大がさらに息の長いものとなるためには、消費主導の成長の実現が鍵と考えられる。そのためには、企業から家計への所得波及が、賃金、利子、配当という3つのルートを通じて着実に進むことが不可欠と言えるだろう。
37069_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2007・2008年度経済見通し~消費主導の成長を模索する日本経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2007・2008年度経済見通し~消費主導の成長を模索する日本経済のレポート Topへ