2007年04月27日

屋久島で考えた年金資産運用と社会的責任投資(SRI)

  乾 孝治

文字サイズ

屋久島で樹齢7200年と言われる縄文杉を見た。人工的に再生不可能な自然を目の当たりにし、ファイナンス研究に携わる一人として、SRIの普及を望んだ。今後、日本版SOX法の施行を契機に、SRIの発展可能性が予想されるが、それは楽観的であろうか?

乾 孝治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【屋久島で考えた年金資産運用と社会的責任投資(SRI)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

屋久島で考えた年金資産運用と社会的責任投資(SRI)のレポート Topへ