2007年04月27日

4月展望レポート(4/27)~緩やかな物価上昇シナリオ

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・展望レポートの評価と当面の金融政策見通し:展望レポートの評価
・前回06年10月展望レポートとの比較

■introduction

・展望レポートの評価
-トーン変更点(1):米国経済減速、円安・資産高騰などへのリスクウェート
-トーン変更点(2):政策運営で「変化」→「改善の度合い」
-物価安定の理解:変わらず

4月27日公表の展望レポートは、景気・物価情勢の見通しについて概ね前回10月展望レポートの延長線上の見方が示された。すなわち先行きについては、息の長い拡大を続け、物価も前年比のプラス幅は次第に拡大との見方である(図表1参照)。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【4月展望レポート(4/27)~緩やかな物価上昇シナリオ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月展望レポート(4/27)~緩やかな物価上昇シナリオのレポート Topへ