2007年04月25日

芸術文化によるソーシャル・インクルージョン

  柄田 明美

文字サイズ

「ソーシャル・インクルージョン(社会的包括)」とは、誰もが、社会および地域社会の一員として包括され、生きがいを持って生活することのできる状態を目指す概念であり、近年、国や地方公共団体の地域福祉の基本理念として取り入れられている。
こうしたソーシャル・インクルージョンを実現するための回路として、芸術文化による活動が広がっている。
本稿では、福祉との連携事例を紹介し、芸術文化が社会および地域社会にどのような役割を果たせるのかを考察する。

このレポートの関連カテゴリ

柄田 明美

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【芸術文化によるソーシャル・インクルージョン】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

芸術文化によるソーシャル・インクルージョンのレポート Topへ