2007年04月25日

株価評価の妥当性は高められるか?

金融研究部 准主任研究員   高岡 和佳子

文字サイズ

市場で形成される株価とは必ずしも一致しない、株式のファンダメンタル・バリューを評価する手法には、配当割引モデルを始め、種々のモデルが存在する。しかし、これらモデル間に本質的な相違はなく、共通して評価額の妥当性が、将来の見積もりに大きく左右されるという問題を抱える。
当レポートでは、この将来の値をいかに見積もるかに着目し、残余利益の時系列の動きを表現する線形情報モデルを紹介する。
線形情報モデルは、将来の残余利益を全て、今期の確定情報のみで説明できることに加え、将来の利益に影響を与える情報を実証的に取捨・選別できるメリットも併せ持っているものと考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

71_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

レポート

アクセスランキング

【株価評価の妥当性は高められるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株価評価の妥当性は高められるか?のレポート Topへ