2007年04月25日

人手不足経済をどう見るか

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

10年以上続いた過剰雇用の問題は完全に解消し、足もとでは逆に人手不足感が強くなっている。労働分配率は、労働生産性と実質賃金の関係から求められる均衡水準を大きく下回る水準まで低下した。ただし、中小企業では人手不足感が強い中にあって、労働分配率は依然高止まりしている。
団塊世代の退職に伴う人件費の大幅な削減が見込まれているが、高齢者の継続雇用が進むことや、労働者の高学歴化で平均賃金が上昇することにより、企業の人件費負担はそれほど軽減されない可能性もある。
大企業では雇用・賃金を増やす余地はあるのに対し、中小企業ではさらなる労働分配率の上昇から、再び過剰雇用に陥るリスクがある。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【人手不足経済をどう見るか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人手不足経済をどう見るかのレポート Topへ