2007年04月20日

米国経済動向~低空飛行続く米経済、1-3月期GDPは2%割れも

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の動き>

  1. 米国経済では10-12月期にマイナスだった住宅・設備投資の調整が続いており、依然、減速基調にある。月末には1-3月期GDPが発表されるが、市場予想は2.0%前後と1%台も視野に入れた状況にある。
  2. こうした中、個人消費は堅調を保っている。個人消費の背景にある雇用増が堅調に推移しているため、景気を下支えする形となっており、景気失速に至る可能性は少ないと思われる。しかし、1-3月期は、ガソリン価格の反騰等を考えると、前期ほどの伸び(前期比年率4.2%)は期待できない。
  3. 金融政策では、3月FOMCの声明文で利上げの記述が削除されたため、中立型に変更されたとの観測も見られたが、その後発表の議事録では、FRBがインフレリスクを最も懸念していることが確認された。コアCPI等は落ち着きを見せているが、次回5月のFOMCでも金利は据え置かれ、声明文に注目が集まろう。
37037_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済動向~低空飛行続く米経済、1-3月期GDPは2%割れも】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済動向~低空飛行続く米経済、1-3月期GDPは2%割れものレポート Topへ