2007年04月16日

ワシントンG7:前回G7から大きな変化なし

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・円安言及なし、中国・元へのトーンも変更なし
・米国経済:足元減速ながらも堅調はかわらず

■introduction

4月13日、ワシントンで7カ国財務省・中央銀行総裁会議(G7)が開催された。今回の注目は、(1)2月末からの世界同時株安、(2)米国経済のへの先行き不安が市場で高まる、(3)円安、ユーロ高の流れに対して、G7でどのような見方・対応がとられるかであった。
声明文では、世界経済は力強く拡大しており、景気は堅調だと強調する一方、為替に関する表記や一方向に片寄るリスクへの警戒などは前回2月と同様で、全体としては大きな変化はなかった。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【ワシントンG7:前回G7から大きな変化なし】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ワシントンG7:前回G7から大きな変化なしのレポート Topへ