2007年04月13日

4月ECB政策理事会~政策金利は据え置き、6月利上げに布石

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・4月理事会では政策金利を3.75%に据え置き
・5月理事会では6月の利上げを事実上予告する見込み

■introduction

・決定内容は大方の予想通り据え置き
欧州中央銀行(以下、ECB)は、4月12日の政策理事会で政策金利を3.75%に据え置いた。今月の政策金利の据え置きは、3月の理事会後の記者会見でのトリシェ総裁のコメントで、翌月の利上げを示唆するキーワード「強く警戒(exercise <strong>vigilance)」が用いられていなかったことから、大方の予想通りであった。

・5月の据え置きを示唆する一方、6月の利上げに布石
今回の理事会後のトリシェ総裁コメントでは、以下のような表現によって、5月の利上げは見送るが、市場が織り込んでいるとおり、6月は追加利上げを行なう意向が示された。

・利上げバイアス継続のベースは強めの経済指標
ECBが6月の利上げの地ならしに動いたベースには、以下のように、直近の経済指標でも、ユーロ圏経済の強さと潜在的なインフレ・リスクの強まりが示されていることがある。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【4月ECB政策理事会~政策金利は据え置き、6月利上げに布石】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月ECB政策理事会~政策金利は据え置き、6月利上げに布石のレポート Topへ