2007年03月26日

QOL(人生の質)とパーソナリティに関する一考察 -中高齢者に対する遡及(回想)調査を通じた構造分析をもとに-

生活研究部 主任研究員   前田 展弘

文字サイズ

1.
現代の日本社会は、人生80 年を超す長寿が期待される一方で、社会の質的貧困さにも象徴されるように、人生や生き方に悩む人は少なくないと想像される。その背景には、人生や生き方に関する教育・サポート(素材・機会)の不在がある。人生をより客観的に指南できる知財開発ができれば社会的にも有用である。
2.
「ジェロントロジー」は高齢者研究、高齢社会研究のイメージが強いが、加齢研究の要素も含む。主に高齢者や高齢社会のあり様を多角的俯瞰的に描写するところに特徴を持つが、それは次代の高齢者である若中年層からみると、長い人生を学ぶ素材となる。老年学、加齢学と邦訳されることが多いが、この視点に立つと「人生の未来学」と捉えられる。
3.
人生を客観的に指南する知財開発に向けた基礎調査として、ジェロントロジーの考え方にもとづく独自調査を行った。「どのような人が、どのような人生過程を経て、どのような中高齢期を迎えているか」、その構造を探るものである。本論文では、とりわけQOL(人生の質)とパーソナリティ(個人の内面)との関係に着目し、より豊かな長寿を自ら創造していくための客観的知見を見出すことを目的とした。本研究において、パーソナリティは、性格と心の知能指数と呼ばれるEQ能力、QOLは回答結果から得られる身体的健康度、人生満足度、経済状況の3要素から操作的に概念を形成した。
4.
QOLとパーソナリティとの関係を構造的に解明するために、構造方程式モデリング分析を行った結果、QOLとEQ能力ならびに性格要素の一部において、統計的に有意な関係性が認められた(モデル適合度/AGFI=.843、RMSEA=.092)。この結果、EQ能力、つまり自分と他人の心を理解しコントロールする能力を高めていくことと、性格要素の関係から思いやりの心と自己表現を意識していくことが、人生の質を高める可能性があることが示唆された。
5.
QOLおよびパーソナリティといった抽象的概念の関係を数量的に実証できたことは、本研究の一つの意義と考えられる。今後は、本研究の拡大・深化を通じ、人生を客観的に指南できる知財開発に取組んでいきたい。

41_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

レポート

アクセスランキング

【QOL(人生の質)とパーソナリティに関する一考察 -中高齢者に対する遡及(回想)調査を通じた構造分析をもとに-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QOL(人生の質)とパーソナリティに関する一考察 -中高齢者に対する遡及(回想)調査を通じた構造分析をもとに-のレポート Topへ